2012年11月18日

山県そば

DSCN4616.JPG

11月16日、夕映えの奥出雲。

唐揚げ屋のオヤジと湯村温泉の後、旨い蕎麦屋をさがしてウロウロ・・・。

奥出雲の奥の奥、もうすぐ鳥取県の日南町に至るという地に、「山県そば」はありました。


DSCN4615.JPG

奥出雲の豊かな自然は、そばの栽培には絶好の環境です。ここで作られるそばはまさに絶品。
県外からも多くの方が訪れます。
仁多米、島根和牛など島根を代表する食の産地・奥出雲の地で、
本場の出雲そばを堪能する旅に出かけてみませんか。<「奥出雲 そば街道を行く」より抜粋>


DSCN4608.JPG

奥出雲には、有名な蕎麦屋が何軒もあるんですよ。

ののじろうと唐揚げ屋が本日えらんだのはこの店でした。


DSCN4607.JPG

まず、はじめに小鉢に蕎麦のかりんとを出してくれます。


DSCN4612.JPG

これ、買って帰ることもできるんですって。


DSCN4609.JPG

盛りそば。1200円。

おろち大根のキンピラ、そばが入ったおぼろ豆腐、そばの実の煮た物?、そばの揚げた物・・・。


DSCN4610.JPG

釜揚げそばと割子(二枚)。1250円。

そばのまんじゅうがついてました。


DSCN4611.JPG

食べ終わると、そばコーヒーを出してくださいました。


DSCN4613.JPG

ここらあたりで採れるおろち大根。

ピリリと辛いんです。


DSCN4614.JPG

ごっつぉさん、でした。


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ


posted by nonojirou at 08:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出雲のお蕎麦美味しそうですね(*^^)v
そばコーヒーって初めて聞きましたが、
どんなお味なんでしょう?
飲んでみたいです。
Posted by さくら at 2012年11月18日 21:32
わぁー美味しそうですね!!
Posted by snow at 2012年11月19日 00:59
奥出雲の八川には、八川蕎麦。
亀嵩には、亀嵩蕎麦。
そしてののじろうが今回行ったのは、地名で言えば鳥上です。

奥出雲は、兎追いしかの山〜の歌が似合いそうな、皆のイメージの中にある古里という言葉がぴったしの土地ですよ。

出雲蕎麦といえば、松江のちょっと洗練された味が思いうかびますが、この地の蕎麦は、まさに田舎の蕎麦です。
色が濃く(黒っぽい)、ゴツゴツした感じ(麺の切り方が少し不揃い)で、蕎麦本来の素朴な味わいがあります。
なんちゃって、ほんとはちっともわかんないくせに。

蕎麦コーヒーは、蕎麦湯+コーヒーをイメージしてください。
そう、・・・、そんな感じでした。
Posted by nonojirou at 2012年11月19日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


▲このページのTOPへ▲ △このブログのTOPへ△

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。